オフィスソフト

「Microsoft 365」入門--「Office 365」から名称変更されたMSの生産性スイート

「Office 365」は、マイクロソフトの生産性アプリケーションスイートだ。利用できるアプリケーション、システム要件、各サブスクリプションプランなどを紹介する(2019年6月6日公開、2020年5月21日更新)。

 現在は、規模の大小を問わずどんな企業においても、従業員の生産性の中心となるのは、電子メール、カレンダー、ワードプロセッサー、スプレッドシートで構成される基本的なオフィススイートだ。しかし、オフィスから移動しての業務が増えるにつれて、基本的な生産性ツールセットは新たな要件への適応と変化を迫られてきた。そこでMicrosoftは「Office 365」をアップデートし、時間と場所を問わず作業を処理できるモバイルコラボレーションプラットフォームに進化させている。

 Microsoftは米国時間2020年4月21日、自社の生産性スイートの名称を「Office 365」から「Microsoft 365」に正式に変更した。それ以降、料金請求、マーケティング、アラートでMicrosoft 365の名称が使用されている。名称が変わっても、既存顧客の現行のサブスクリプション料金プランに影響はなく、現行のサービスのレベルにも変更はない。この生産性スイートのさまざまなバージョンに含まれるアプリケーションも同じままだ。

 Microsoft 365は多くの企業にとってデファクトスタンダードの生産性スイートであり、すべての競合製品の評価において基準となるスイートだ。したがって、ITリーダーは、Microsoft 365に関してすべて把握しておくのが得策だろう。この目標を達成できるように、米TechRepublicはMicrosoft 365に関する特に重要な詳細情報を本記事にまとめた。

概要

  • どんなものなのか:現代の企業において業務の遂行に必要となる基本的な生産性アプリケーションのスイートだ。「Word」「Excel」「Outlook」「PowerPoint」「OneNote」「OneDrive」などのアプリケーションが含まれている。
  • なぜ重要なのか:生産性スイートの標準であり、競合製品はOffice 365スイートのアプリケーション群を基準に評価されることが多い。
  • 誰が影響を受けるのか:現代のモバイル中心の企業において、業務の遂行に使われるツール群を提供するため、ほぼすべてのビジネスパーソンにとって重要な製品だ。
  • いつから利用できるのか: Microsoft 365の最新バージョンは今すぐに利用できる。現行のサブスクリプションに含まれているのは、「Office 2016」のアプリケーション群だ。
  • どうすれば利用できるのか:企業はMicrosoftのウェブサイトからMicrosoft 365のサブスクリプションを購入できる。サブスクリプション料金はユーザー1人あたり月額8~35ドルとなっている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4986文字 ログインして続きを読んでください。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]