オフィスソフト

早期機能がWordとPowerPointに拡大--「Office 365」更新動向【1905版】

早期機能は、Microsoft Graphを基盤に人物やファイルなどを網羅的に検索するMicrosoft Search。作業状況の文脈に応じて検索結果は変化するため、利用者の利便性は向上することが期待される。

Outlookで2要素認証アカウントの追加設定が容易に

 Microsoftが米国時間5月29日に更新した、Office 365各プラットフォームに対する変更内容をまとめる。リリースノートによれば、バージョン1905(ビルド11629.20196)へ更新したWindowsデスクトップ版は、WordとPowerPointに「近日公開の機能」が加わった。

 Outlookは先行して導入されていた同機能は、外観や操作性、機能に新たな要素が加わる前のアナウンス、機能有効化である。

WordとPowerPointにも展開が始まった「近日公開の機能」
WordとPowerPointにも展開が始まった「近日公開の機能」

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1884文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え
  3. “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ
  4. RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋
  5. RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]