コミュニケーション

“従業員エンゲージメント”改善では顧客のように接するのが得策

企業で働くことを考える上で“エンゲージメント”が問われるようになっている。企業が成長し続けていくためには、現場で働く個人の幸福度が前提とも指摘されている。しかし、従業員とのエンゲージメントは簡単に高められるものではないようだ。

 米国の企業は“エンプロイーエンゲージメント”に関して問題を抱えています。Gallupの最新の「State of the American Workplace」調査には以下のように示されています。

  • 従業員のうち積極的にエンゲージしているのは33%のみ
  • 51%はエンゲージしていない
  • 16%は積極的にディスエンゲージしている(疎外感を抱いている)

ディスエンゲージした従業員に伴う大きなコスト

 Harvard Business Reviewの調査では、エンプロイーエンゲージメントのスコアが低い企業は生産性が18%低く、利益率は16%低く、時間の経過とともに株価が65%下がることが明らかになりました。

 その一方、高いエンゲージを示した従業員を持つ企業は求職者の数が2倍となっていますが、これはエンゲージした従業員は職場の求人中のポジションへの応募を知人に勧める可能性がより高いからです。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1894文字 ログインして続きを読んでください。

「コミュニケーション」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]