VPN ウェブルート

ウェブルート、自動VPN接続アプリ--公衆Wi-Fiで通信の盗聴を防止

ウェブルートが自動でVPN接続するアプリの提供を開始。公衆Wi-Fi活用時のセキュリティを強化できる。

 セキュリティソフトなどを開発、販売するウェブルート(港区)は公衆Wi-Fiで仮想プライベートネットワーク(VPN)に接続するアプリ「Webroot WiFiセキュリティ」を発表した。同日から日本の個人ユーザー向けに販売する。

 危険な疑いのある接続先の場合、自動でVPNに接続して通信を暗号化する。ネットワーク接続に最適なVPN接続サーバー、プロトコルを自動で確立し、安全で迅速なインターネット接続を提供するという。

 インターネット全体をスキャンして取得した世界中の脅威情報などをクラウド上で分析、URL間の隠れたつながりなどを明らかにする脅威情報サービス「Webroot BrightCloud」と連携。マルウェア感染やユーザー名、パスワードなどの盗難の可能性がある悪質サイト、リスクの高いサイトへのアクセスを防止するとしている。

 iOS、Android、Mac、Windowsに対応。App Store、Google Playストアのほか、ウェブサイトからPC向けソフトをダウンロードできる

 Windows、Mac、Android向けには、WiFi Security未起動時に全てのインターネットトラフィックを遮断できるオプション「Kill スイッチ」を提供する。オンラインバンキングなど、機密性の高い作業の安全を確保できるとしている。

 Play Storeでは、デバイス3台までの場合、月額だと580円、年間だと5980円。5台までの場合、月額は780円、年間だと7980円。

 App Storeでの税別価格は、デバイス3台までの場合、月額だと580円、年間だと5900円。5台までの場合、月額は780円、年間だと7900円。

 米国では2018年10月から販売しており、現時点では法人向けとしての提供予定はないという。

「VPN」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]