OS

「Linux」ディレクトリーをバックアップ--「restic」を使ってネットワーク経由で

「Linux」のディレクトリーを「restic」を使ってネットワーク経由でバックアップする手順を紹介する。

 データをバックアップする必要があるとき、それを実行する方法はいくつもある。「Linux」プラットフォームを使用している場合は特にそうだ。本格的なGUIアプリケーションを選択してもいいし、単純なコマンドラインツールを使ってもいい(両者の中間的なツールもある)。そうしたコマンドラインツールの1つが「restic」だ(このツールは大きな可能性を秘めている)。resticは高速で安全なバックアップアプリケーションであり、ローカルやネットワークのバックアップを迅速かつ簡単に処理できる。このツールを使用すれば、Linuxのバックアップのニーズに合わせて「bash」スクリプトや「cron」ジョブを作成することが可能だ。

 本記事では、resticのインストール、リモートリポジトリーの作成、ネットワーク経由でのデータのバックアップの手順を紹介する。「Ubuntu Server 18.04」プラットフォームを使って説明を進める。

必要なもの

 これをうまく機能させるには、以下のものが必要だ。

  1. Ubuntu Server 18.04インスタンス。
  2. バックアップ対象のデータを格納する別のLinuxサーバー(またはデスクトップ)。
  3. それら2台のマシン間で設定されたSSH鍵認証(参考記事:「How to set up ssh key authentication」(SSH鍵認証を設定するには))。
  4. sudo権限を持つユーザー。

 準備が整ったら、作業に取りかかろう。

resticをインストールする

 resticは標準の「Ubuntu」リポジトリー内にあるので、インストールは以下の単一のコマンドで実行できる。

sudo apt-get install restic -y

 インストールが完了したら、次の手順に進もう。

リポジトリーを作成する

 次のステップは、リポジトリーの作成だ。まず、リモートサーバー上に作成先のディレクトリーが必要だ。そのサーバーにログインして、以下のコマンドで新しいディレクトリーを作成する。

sudo mkdir /srv/restic-repo

 必要に応じて、そのディレクトリーの権限を変更しよう。例えば、jackというユーザーがバックアップを実行する場合は、以下のコマンドで所有権を変更する。

sudo chown jack.jack /srv/restic-repo

 バックアップを使用できるグループを作成して、必要なすべてのユーザーをそのグループに追加し、ディレクトリーのグループ所有権を変更した方がいいかもしれない。これを行うには、以下のコマンドを実行する。

sudo chgrp -R /srv/restic-repo GROUP

 GROUPは作成したグループの名前だ。

「OS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]