CRM AI・機械学習 新興技術

セールスフォースの開発者会議「TrailheaDX」--「Salesforce Blockchain」など発表

セールスフォースは、ローコードブロックチェーンプラットフォームのほか、「Trailhead」向けのAIバイアスモジュール、そして新たにオープンソースコード化した開発者プラットフォームを同社の年次開発者会議で発表した。

 Salesforceの年次開発者会議「TrailheaDX」が今週、カリフォルニア州サンフランシスコで開幕した。顧客関係管理(CRM)の世界的大手である同社は、企業ユーザーおよび開発者向けに、人工知能(AI)やブロックチェーンを含むテクノロジーを活用する、いくつかの新機能とアップデートを発表した。

 ここでは、Salesforceの発表の概要を紹介する。

1. AIのバイアス問題に対処する新たな「Trailhead」モジュールを追加

 Salesforceは28日、開発者教育プラットフォームであるTrailheadに責任あるAI構築用モジュールを追加したことを明らかにした。このモジュールは、「開発者やデザイナー、研究者、ライター、プロダクトマネージャーに権限を与えることで(中略)責任ある、信頼される方法でAIを構築および使用する方法を習得するとともに、エンドユーザーや企業、ひいては社会に及ぼし得る影響について理解する」ことを意図していると、Salesforceの倫理的AI実践担当アーキテクトを務めるKathy Baxter氏はブログ投稿で述べた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1100文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?
  3. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]