周辺機器

国内プリンティング関連市場、2023年まで2%減--ワークフロー電子化が影響

国内のプリンティング関連市場は緩やかな縮小が予測されている。企業内ではMFPへの集約やワークフロー電子化などが影響するものと考えられている。

 IDC Japanは5月29日、国内のオフィス及びホームプリンティング市場予測を発表した。2018年の支出額全体は前年比2.5%減の1兆8621億500万円。2018~2023年の年平均成長率(Compound Annual Growth Rate:CAGR)は1.9%減で推移し、2023年の支出額を1兆6893億8600万円と予測している。

 支出額を“ハードウェア購入及び保守”、ページ単価契約に基づく支出や消耗費購入などを含み、プリントボリュームに基づく“ページボリューム関連”、複合機やプリンターに関連してベンダーが提供するソフトウェアやソリューション、サービスなどの“プリント関連ビジネス”の3つに分類。2018年の内訳は、ハードウェア購入及び保守が7571億4100万円で全体の40.7%。56.5%を占め、最大の構成要素となるページボリューム関連が1兆515億3300万円。プリント関連ビジネスが2.9%の534億3100万円としている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約900文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 繁栄企業と何とか生き残っている企業の差とは? DX時代に必要なストレージインフラ
  2. テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?
  3. 多様化するリーガルテック市場の日米動向と現在の企業が抱える契約課題における解決策とは
  4. クラウド導入メリットを妨げる“煩雑なデータ管理”を解消するベストプラクティスとは?
  5. 【事例】コラボレーションデバイス「Microsoft Surface Hub」で、会議や働き方を変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]