開発ツール AI・機械学習

「TensorFlow.js」の活用事例--機械学習をブラウザーで可能に

グーグルの「TensorFlow.js」は、「JavaScript」を使用して機械学習を実行するためのオープンソースライブラリーだ。同ライブラリーの活用事例を紹介する。

 ウェブスクリプト言語を使って機械学習モデルを構築し訓練するのは野心的な取り組みに思えるかもしれないが、2019年の現在では、それは完全に実行可能なことだ。

 ブラウザーでの機械学習を可能にするのに役立つのが「TensorFlow.js」だ。TensorFlow.jsは、「JavaScript」を使用して機械学習を実行するためのGoogleのオープンソースライブラリーである。先頃、バッハ風のメロディーをオンデマンドで生成する「Google Doodle」によって、TensorFlow.jsが切り開いた大きな可能性が示された。

 GoogleのプロダクトマネージャーであるSandeep Gupta氏が先頃、「Google I/O」カンファレンスでの講演で述べたところによると、開発者はTensorFlow.jsを使って、新しい機械学習モデルを作成したり、訓練済みモデルを実行または再訓練したりできるという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2749文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. チャットボットは期待薄!?世界の企業幹部が明かす「生き残る/消えるテクノロジー」
  2. 情報セキュリティ監査人も注目、クラウド成熟期におけるセキュリティリスクを考える
  3. 【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス
  4. マンガと事例で徹底解説!VDI導入で陥りがちな罠と、ユーザー体験向上のカギとは
  5. 膨大なコストと工数--フルスクラッチでのアプリ開発の限界を軽々と乗り越えたNECの秘密

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]