RPA

2022年度に市場規模は800億円に--RPAを前提にして機能を拡張する製品が投入

普及が進み2022年度は800億円市場規模になると予測されるRPA。RPAが普及することでRPAを前提にして機能を拡張する製品も出始めているようになっている。

 ロボティックプロセスオートメーション(RPA)の本格導入が進んでいる。市場は順調に拡大。本来は異なる目的を持つソフトでも、RPAへの対応を強化ポイントとしてアピールする製品も登場してきた。

 ここでは、RPAに関する市場調査と、対応する機能を追加した2つの製品を紹介する。RPAへの対応は今後のトレンドの一つになりつつある。検討の参考としてほしい。

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え
  3. “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ
  4. RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋
  5. RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]