RPA オートメーション・エニウェア・ジャパン

サーバー型RPA「Automation Anywhere」新版、Citrix仮想環境に対応--UI日本語

サーバー型RPAソフトウェアの新版「Automation Anywhere Enterprise 11.3.2」とコグニティブ技術の新版「IQ Bot 6.5」の提供が開始。UIも日本語されるとともにABBYY製日本語OCRエンジンを標準で搭載する。

 オートメーション・エニウェア・ジャパン(AAJ)は5月23日、サーバー型ロボティックプロセスオートメーション(RPA)ソフトウェアの新版「Automation Anywhere Enterprise(AAE) 11.3.2」とコグニティブ技術の新版「IQ Bot 6.5」の提供を開始。同日開かれた記者会見でAAJセールスエンジニアの秋本尚吾氏は「日本語UI(ユーザーインターフェース)の提供とABBYY製日本語OCR(光学文字認識)エンジンを標準搭載した」と特徴を説明した。

 RPAを筆頭に業務の自動化は、労働力人口減少を迎える日本にとって喫緊の課題である。2018年9月に米本社Automation Anywhereとロンドン大学は英国や米国、日本、インド4カ国の従業員1000人以上を持つ大規模企業400人の経営者を対象に共同で調査。調査結果によるとRPAに投資または1年以内に投資する日本企業100社中の割合は97%。「他国に比べて非常に高い数値」(秋本氏)

 だが、RPAやAIが従業員の時間を解放したとする日本企業の割合は59%。「他の3カ国に比べて20~30%ほど上回る」(秋本氏)と説明。全体的な数値としては、31%の企業がRPA導入結果として従業員の有効性や健康が優れ、職場の「人間らしさ」が向上したと回答した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2066文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  2. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  3. AWS公式資料!ビジネス価値を一新させる「モダンアプリケーション開発」のベストプラクティス
  4. 3つのケースで紹介-“ムダ”な資料作成に費やす“ムダ”な時間を減らし生産的を高めるには
  5. AWSがアドバイス!CI/CD環境を構築しDevOpsによるソフトウェアデリバリーの迅速化方法

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]