ストレージ サーバ仮想化 データダイレクト・ネットワークス・ジャパン

仮想環境専用ストレージ「Tintri」に新DB統合機能--性能を保証して可視化

仮想環境専用ストレージ「Tintri」に新しいデータベース統合機能が追加される。物理か仮想を問わずに性能を保証するとともに可視化可能という。2018年にTintriを買収したData Direct Networksが発表した。

 ストレージベンダーの米Data Direct Networks(DDN)は2018年8月に仮想環境専用ストレージを開発するTintriを買収。2018年9月からTintri by DDNとして活動を開始している。

 DDNの日本法人であるデータダイレクト・ネットワークス・ジャパン(DDNJ)はTintriブランド製品戦略説明会を5月23日に開催。DDNJのゼネラルマネージャーであるRobert Triendl(ロベルト・トリンドル)氏は「数年前からビジネスの拡大を実現するため企業買収を重ねてきた。米国のRAIDやdotscience、Intel系ストレージ開発部門だったWhamcloudを買収してきた。そして昨年はTintri、2週間前にはSDS(ソフトウェア制御ストレージ)のNexentaも傘下に加わった」と説明した。

 新しいデータベース(DB)統合機能を開発したことが同日に発表された。リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)が仮想環境と物理環境のどこにあっても、性能の可視化や制御、予測が可能になるという。

 これまでDBの性能を保証するためのチューニングは、アプリケーション開発者やDB管理者、インフラ管理者を悩ませている問題と指摘されている。Tintriの新しいDB統合機能は、DBのインスタンス単位で制御し、性能に影響を与えるさまざまな要素への洞察(インサイト)を得られるとしている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2037文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]