セキュリティ

Huawei問題から見えるテクノロジーとセキュリティーのバランス感覚

中国の独裁体制がデジタル世界の重要な要素に影響を及ぼし得るポジションにある。現在大きな話題となっているのは、中国最大のスマートフォンメーカーHuaweiの存在である。

非民主国家に由来する技術に関する調査は今後増加

 デジタル世界の急速な拡大に対して、より大きな監視体制や説明責任が求められている。そうした中、グローバル化や地政学的な動向によって、比較的新たな視点が生まれている。

 私たちは通常、市場の効率化を急ぐあまり、価格が適正である限り、石油や天然ガスがどこから来るのか、食物はどこで育てられたのか、スマートフォンはどこで作られているのかを知らないし、関心を持たない。

 こうした状況のメリットは計り知れない。ハンドヘルド型スーパーコンピューターとも言うべき最新のスマートフォンは、2007年に初めて表舞台に立ち、現在では誰もが利用できる。

 こうした傾向の副作用の1つが表面に見えることがある。エレクトロニクス分野を中心に「Made in China」のアイテムは数え切れないほど多く、これらを見ないで1日を過ごすことは不可能だ。

 中国の低コストな大量生産と、安価な石油による低コストのグローバルな輸送は、世界中の企業に恩恵をもたらしている。この結果、官民の分離について透明性を持たない、中国の独裁体制がデジタル世界の重要な要素に影響を及ぼし得るポジションにある。

 世界的な緊張が高まる中、西側諸国の中国企業への監視が高まっている。現在大きな話題となっているのは、中国最大のスマートフォンメーカーである多国籍巨大企業、Huaweiの存在である。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2755文字 ログインして続きを読んでください。

「セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]