RPA

年30万時間の業務を自動化したパーソルが考える“RPA導入5年後の世界”

「ロボットでは満たせない“解決力”や“想像力”は今後も人に求められる」――。RPAで業務を自動化しても、人間に求められるものはまだまだあると、RPAを積極活用するパーソルグループは考える。

 人材派遣や人材紹介、求人広告などを展開するパーソルグループはロボティックプロセスオートメーション(RPA)を活用して約300案件をロボット化し、年間約30万時間分の業務を自動化している。だが、重要なのは時間の削減ではなく、時間創出の次なるアクションだという。

 同グループでシステム構築などを担うパーソルプロセス&テクノロジー ワークスイッチ事業部 RPAソリューション統括部 エグゼグティブマネジャー 梶田雄一郎氏は、5月20日に開かれた“RPA導入後5年後の世界”を解説するという記者向け勉強会の中で「まだまだロボットでは満たせない“解決力”や“想像力”は今後も人に求められるだろう」との見方を明らかにした。

 改めて述べるまでもなく、これからの日本が労働人口不足に陥ることは確実とされている。パーソル総合研究所と中央大学による共同研究調査「労働市場の未来推計 2030」によれば、2017年6月末時点で約121万人の人手不足、2030年には約644万人が不足すると予測している。時給換算賃金も2017年6月は1835円だが、2030年には2096円まで上昇するという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2221文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドの検討・導入時に必ず抑えるべき13の確認事項を集約!まずはチェックシートで確認を
  2. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  3. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  4. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  5. 徹底比較!各社のクラウドセキュリティサービス─見落としがちなポイントも解説

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]