OS・ミドルウェア

「Linux」サーバーの「SSH」ポートを変更--デフォルト以外の指定でセキュリティ向上

「Linux」のデフォルトの「SSH」ポートを変更する手順を紹介する。デフォルトのポートは広く知られているため、攻撃の標的になるおそれがあるためだ。

 おそらく、読者の皆さんは「Secure Shell」(SSH)を経由してデータセンターの「Linux」サーバーにログインしているはずだ。初期状態だと、このリモート接続プロトコルは22番ポートを使用する。この事実はよく知られており、悪用されることもある。22番ポートはデフォルトとして広く受け入れられているため、攻撃の標的になるおそれがある。したがって、そのデフォルトを変更して、別のポートを使用した方がいい。だが、どうすればそれを実行できるのだろうか。幸い、これはLinuxなので、カスタマイズはお手の物だ。

 本記事では、LinuxのデフォルトのSSHポートを変更する手順を紹介する。「Ubuntu Server 18.04」を使って説明を進めるが、ほかのディストリビューションをサーバーに使用している場合でも、手順は同じであるはずだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1657文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え
  3. “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ
  4. RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋
  5. RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]