クラウドストレージ Dropbox

第4回:業種や業態が異なっても課題は同じ(前編)意外と気付かない移動というムダ

明らかに非効率でも、習慣化していて気付かない――。様々な業種業態の顧客が抱える課題をまとめると、課題と解決方法には似たような傾向がある。

 生産性の向上、働き方改革といった目標は明らかであっても、具体的にどのような課題があって、どのように解決すべきかを簡単に把握することはできません。課題を把握するためには、日々の業務をよく観察して記録、分析したり、チームにヒアリングしたりするなど地道な調査が必要となります。というのも、改善後に見れば非効率極まりないことであっても、慣れてしまうと課題だと認識しなくなってしまうためです。

 このような慣れによって隠れてしまった課題を探すためには、前述のような調査が必要です。しかし、現状の業務に追加しての調査となると、なかなか手が回りにくいという現状があるのではないでしょうか。

 様々な業種業態の顧客が抱える課題をまとめると、課題と解決方法には似たような傾向があることがわかりました。今回と次回にわけて事例として紹介していきます。

 非効率を生む要因の一つに移動時間があります。典型的なケースは特定のファイルを特定のファイルサーバーに格納することがルールとして決まっており、そのファイルを参照、編集するためにその場所に移動する必要があるケースです。

ムダな移動時間が積もって残業…

 建設現場では、設計図面や現場写真、品質管理のためのチェックリストなど様々な書類を利用されています。大型ショッピングモールやトンネルなど、大きな建設現場をイメージしてみてください。敷地内は端から端まで車でも数分かかる場合もあります。大量の図面を印刷して現場へ持参しており、もし特定の図面を出力し忘れてしまうと、毎回現場事務所へ取りに戻る必要が発生します。5分、10分といった距離であっても往復すると数十分の無駄が発生します。現場で撮影した写真を本社の設計部に送付するためだけに事務所へ戻るなど、これらの積み重ねが残業となっていました。

 Dropbox BusinesとiPadなどのタブレットの導入後は、図面はすべてiPadで現場からアクセスでき、現場写真などもその場で本社へ送付可能になりました。CADソフト「AutoCAD」のファイルもプレビューでき、タブレットやスマートフォンから確認できます。持ち運ぶ資料、移動の削減で品質向上やコスト削減、残業削減や定時退社といった効果があるようです。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1733文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドの検討・導入時に必ず抑えるべき13の確認事項を集約!まずはチェックシートで確認を
  2. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  3. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  4. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  5. 徹底比較!各社のクラウドセキュリティサービス─見落としがちなポイントも解説

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]