クラウドサービス オープンソース

MSが注力するオープンソース--友好関係を築こうとする理由

マイクロソフトには、オープンソースを敵視してきた長い歴史がある。だが、同社は、オープンソースと友好関係を築こうとしている。

 GoogleとMicrosoftは現在、クラウドの黄金時代を手中にしようとオープン化の競走を繰り広げている。事実、どちらも感心するくらい多くの(そして質も高い)オープンソースのコードを公開しており、Googleなら「Kubernetes」、Microsoftなら量子コンピューターのプログラミング言語に開発キットと、さまざまなものを世界に提供している。オープンソースの歴史を学ぶものからすると、こうした動きは特段、驚くべきことではない。映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」のサノスのように、むしろ絶対であり、避けることができない。

 なぜか。オープンソースはこれまでも常に弱者の道具であり、今もそうであるからだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2619文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット
  2. CX向上のヒント:お客様一人ひとりに向き合い、感情に寄り添った顧客体験とはなにか
  3. 侵害の57%は「悪意のあるファイルではない手段」で起こる - IBM X-Forceレポート日本語版
  4. Office 365などのクラウドサービスによる、ネットワーク帯域の逼迫を解決!
  5. 自然災害、サイバー攻撃、その危機は突然やってくる--イザというときの事業継続対策

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]