BI Tableau Japan株式会社

重要なのは人--Tableauが唱える“データ駆動文化”醸成に欠かせない3つの勘所

「データ中心に動く企業が増え、データの重要性を理解する層がエグゼクティブレベルで増えている。データドリブンカルチャーが認知されるようになっている」――。BIツールのTableau Japanトップが明かした。

 セルフサービス型などのビジネスインテリジェンス(BI)ツールを提供するTableau Japanは5月14日にイベント「Data Day Out Tokyo」を開催。2200人以上の“データエンスージアスト(熱狂的支持者)”が集まり、そのうち7割がTableauユーザーだったという。イベントにあわせて来日した米本社プロダクトマーケティング担当バイスプレジデントMark Jewett(マーク・ジューエット)氏を中心にイベント翌日の5月15日にプレスラウンドテーブルを開催した。

 Tableauが米国時間5月2日に発表した第1四半期の業績は総売り上げ2億8250万ドル(前年同期比15%増)だが、米国以外の売り上げがグローバル全体の3割にあたる8560万ドルとなり、米国主導からグローバルへ移りつつある。またアジア太平洋(APAC)も好調で特に日本市場が成長したという。

 その背景について日本法人社長の佐藤豊氏は「データ中心に動く企業が増え、データの重要性を理解する層がエグゼクティブレベルで増えている。一言でいえば『データドリブンカルチャーの認知』」との認識を示した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2037文字 ログインして続きを読んでください。

「BI」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]