BI Tableau Japan株式会社

重要なのは人--Tableauが唱える“データ駆動文化”醸成に欠かせない3つの勘所

「データ中心に動く企業が増え、データの重要性を理解する層がエグゼクティブレベルで増えている。データドリブンカルチャーが認知されるようになっている」――。BIツールのTableau Japanトップが明かした。

 セルフサービス型などのビジネスインテリジェンス(BI)ツールを提供するTableau Japanは5月14日にイベント「Data Day Out Tokyo」を開催。2200人以上の“データエンスージアスト(熱狂的支持者)”が集まり、そのうち7割がTableauユーザーだったという。イベントにあわせて来日した米本社プロダクトマーケティング担当バイスプレジデントMark Jewett(マーク・ジューエット)氏を中心にイベント翌日の5月15日にプレスラウンドテーブルを開催した。

 Tableauが米国時間5月2日に発表した第1四半期の業績は総売り上げ2億8250万ドル(前年同期比15%増)だが、米国以外の売り上げがグローバル全体の3割にあたる8560万ドルとなり、米国主導からグローバルへ移りつつある。またアジア太平洋(APAC)も好調で特に日本市場が成長したという。

 その背景について日本法人社長の佐藤豊氏は「データ中心に動く企業が増え、データの重要性を理解する層がエグゼクティブレベルで増えている。一言でいえば『データドリブンカルチャーの認知』」との認識を示した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2037文字 ログインして続きを読んでください。

「BI」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅
  2. 仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム
  3. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  4. Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に
  5. 偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]