開発ツール

MSの「Windows Terminal」と「WSL 2.0」--狙いは開発者の負担軽減

マイクロソフトは「Windows Terminal」と「Windows Subsystem for Linux 2.0」を追加することで、開発者の作業を楽にすることを目指している。本記事では、開発者にどのような恩恵がもたらされるのかを解説する。

 製品としての「Windows」は、「Microsoft Build」開発者会議で主役の座をLinuxに譲った。具体的には、Microsoftは、Windowsワークステーションを使ってLinuxサーバー向けのコードを記述する開発者の作業を楽にするため、新しいユーティリティーを複数発表した。その中で最も重要なのが、「Windows Subsystem for Linux(WSL)」のバージョン2.0(これにより、Linuxカーネルが初めて「Windows 10」のコンポーネントになる)と「Windows Terminal」(従来の「Windows Command Prompt」と「PowerShell」、WSLを組み合わせる新しいターミナルアプリケーション)だ。

Windows Terminalとはどんなもので、開発者にどのような影響を及ぼすのか

 Windows Terminalは、「Windows NT」で導入された従来のWindows Command Prompt(CMD)を、Windows PowerShell(「Windows 7」で導入された現代的なコマンドラインシェルおよびスクリプト環境)、WSLで実行されるゲストLinux環境のコマンドラインインターフェース、さらには「Secure Shell」(SSH)経由で接続される外部デバイス(「Raspberry Pi」など)と組み合わせる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2214文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. NoSQL+SQLを実現! MySQLドキュメントストアはどう凄いのか
  2. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  3. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット
  4. フルスクラッチ開発の苦労がほぼゼロ!アプリでのファンベース構築も目指すNEC
  5. 人事異動前の対策が急務!ファイルサーバのアクセス権管理、よくある5つの課題と解決法

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]