コミュニケーション

デジタルワークプレイス構想の大半が失敗する理由

ガートナーのレポートによると、2021年までにデジタル構想を通じて新たな働き方を確立する組織は4分の1に過ぎないという。

 Gartnerがこのほど発表したレポートによると、デジタルトランスフォーメーションが注目を浴びる中、中堅企業および大企業が立ち上げたデジタル構想の大半は、2021年までに新たな働き方を構築できないという。デジタル構想のうち80%において、実際に新たな働き方を構築する企業は4分の1にとどまるとのことだ。

 新しい働き方の定義としては、分散型の意思決定、仮想およびリモートワーク、物理作業スペースの再設計が含まれるとレポートは説明している。

 「デジタルワークプレイス構想を、ITだけの構想として扱ってはならない」と、Gartnerの著名なリサーチバイスプレジデントCarol Rozwell氏はプレスリリースにて述べている。「テクノロジー導入の一部としてデジタル構想を実行しても、従業員エンゲージメントや構想に伴う文化の変化は取り残されたままだ。このままでは、デジタルワークプレイスが成功することはない」

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約528文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  4. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  5. [サーバ、ネットワーク、ストレージ]の3Tier構造に少しでも限界を感じたら

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]