クラウドサービス オフィスソフト AI・機械学習

「Build 2019」の主な発表内容--「Azure」や「Office 365」向けの新サービス

マイクロソフトは「Build 2019」において多数の新サービスや新機能を発表した。「Microsoft Graph data connect」「Fluid Framework」などの新技術や、同社が示したビジョンを紹介する。

 Microsoftは「Build 2019 Developer Conference」において、「Azure」クラウドプラットフォームと「Office 365」スイート向けの新機能を多数発表した。

 Microsoftは開幕日にさまざまな新サービスを発表しただけでなく、会話型エージェントと新しいコンテンツ作成プラットフォーム「Fluid Framework」による業務改革の長期ビジョンについても語った。

 Microsoftの最高経営責任者(CEO)のSatya Nadella氏は開幕基調講演で、同社のビジョンを実現するうえで開発者がいかに重要であるかを詳しく説明した。

 「コンピューティングが生活のあらゆる面に組み込まれていく中で、開発者が下す選択によってこの世界のあり方が決まっていくだろう」。Nadella氏はこのように述べる。

 「Microsoftは、現代のテクノロジースタックのあらゆる層において信頼性の高いツールとプラットフォームを提供できるよう全力で取り組んでおり、それによって魔法のような体験を作り上げ、すべての人に新しい機会を生み出せるようにしている」

 以下ではBuild 2019での重要な発表を紹介する。

「Microsoft Graph」データコネクトの一般提供開始

 Microsoftは、Microsoft Graphが収集する情報をより簡単に利用できるようにすると発表した。Microsoft Graphは、組織内の人間、情報、活動の関係性をマッピングし、企業活動の包括的なグラフを作成するサービス。Office 365から「Windows 10」まで、Microsoftのさまざまなサービスや製品によって収集されたデータを結び付ける。

 Buildでは、Microsoft Graphデータコネクトの一般提供開始が発表された。開発者はこのサービスを使用することで、Office 365内で収集されたデータを取得し、Azureクラウドプラットフォームで提供されているビッグデータサービス(「Azure Data Factory」「Azure Data Lake」など)を使用して処理することができる。Microsoftは、大規模な生産性データを安全に収集して分析できるサービスだと述べている。

 Microsoft Graphデータコネクトは、MicrosoftのOffice 365向け「Workplace Analytics」アドオンの機能として、また独立系ソフトウェアベンダー向けのスタンドアロンのSKUとして、一般提供が開始された。

新しいFluid Framework

 Microsoftは新しいFluid Frameworkも発表した。これは、ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションの境界線を曖昧にして、より動的な形式でのコンテンツ提供を可能にするものだ。

 Microsoftによると、Fluid Frameworkは「新しいウェブベースのプラットフォームとコンポーネント化されたドキュメントモデルによって、共有可能なインタラクティブ体験を実現する」という。

 ドキュメントのコンポーネントをモジュール式のコンポーネントに分割し、それらを組み合わせることで、「共同制作をより簡単に進められる」ようになり、共同作業における生産性の向上を図ることができる。

 Microsoftはまた、Fluid Frameworkによって、コンテンツ作成時に「インテリジェント」なソフトウェアエージェントを簡単に使用できると示唆している。これらのエージェントは、関連するテキストの取得、写真の提案、専門家の特定、データの翻訳などを実行できる。

 Microsoftの広報担当コーポレートバイスプレジデントのFrank Shaw氏は例として、人事部門のマネージャーがグローバル版の人事マニュアルを作成する際に、さまざまな言語を話す世界中の執筆者と共同作業する場面を挙げた。執筆者らはリアルタイム翻訳機能を使って、そのマニュアルを世界各国のユーザー向けに翻訳できるという。

「クラウドサービス」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]