開発ツール データ分析

MS「Power Platform」--「Power BI」「PowerApps」「Flow」統合の狙い

マイクロソフトは、「Power BI」「PowerApps」「Microsoft Flow」という3つのツールを、「Power Platform」というブランドの下に再編成した。その狙いはどこにあるのだろうか。

 さかのぼること1990年代後半、われわれがもっぱら話題にしていたのは、後に「4GL」として知られるようになる第4世代言語だ。これらのプログラミング言語は、ミニコンピューターやメインフレームのデータを取り込んでデスクトップアプリケーションを開発できる統合的な拡張レイヤーだった。このような初期のクライアント/サーバー型アプリケーションは、グリーンディスプレイに表示されていたデータをインタラクティブなウィンドウから扱えるようにすることで、企業のビジネスのやり方に変化をもたらした。

 そして今、最新のクラウドベースの基幹業務(LOB)アプリケーションにも、同じような変化をもたらすべき時だ。少なくとも、Microsoftはそのように提案している。同社は「Power BI」「PowerApps」「Microsoft Flow」という3つのツールを、「Power Platform」というブランドの下に再編成した。「Forte」のようなツールが「AS/400」のアプリケーションを取り込んでPC向けに再構築したように、Power Platformを構成するツールは、「Dynamics 365」と「Office 365」のデータとイベントを取得してアプリやサービスに変換し、PCやスマートフォンで利用できるようにしてくれる。

基盤は「Common Data Service」

 Power Platformの中心を成しているのは「Common Data Service」(CDS)だ。「Microsoft Graph」が生産性向上のための基盤を提供しているように、CDSはLOBアプリケーションの基盤を提供するものだと考えればいいかもしれない。CDSは拡張可能なオブジェクトストアとして機能し、「エンティティー」として構造化されたデータをホスティングする。それぞれのエンティティーは、データベースの行と同じように、よく使用されるビジネスデータのセットであり、エンティティーのインスタンスはすべて、データベーステーブルのように機能する。企業は、住所、製品、顧客レコードなどをエンティティーにするだけでなく、ビジネスで使用する必要があるものだけを定義するレコードのセットをエンティティーにすることもできる。カスタマイズしたレコードを既存のCDSエンティティーに追加することも、独自のエンティティーを一から作成することも可能だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3043文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 繁栄企業と何とか生き残っている企業の差とは? DX時代に必要なストレージインフラ
  2. テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?
  3. 多様化するリーガルテック市場の日米動向と現在の企業が抱える契約課題における解決策とは
  4. クラウド導入メリットを妨げる“煩雑なデータ管理”を解消するベストプラクティスとは?
  5. 【事例】コラボレーションデバイス「Microsoft Surface Hub」で、会議や働き方を変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]