開発ツール

「NanoPi NEO4」レビュー--ハイスペックのラズパイ対抗シングルボードコンピューター

「NanoPi NEO4」は50ドルのシングルボードコンピューターだ。スペック、長所と短所、ベンチマーク結果などを、「Raspberry Pi 3 Model B+」との比較を交えつつ紹介する。

接続機能:NanoPi NEO4とRaspberry Piの各モデルの比較

 この「iPerf」ベンチマークは、2台のコンピューター間のデータ転送速度を測定する。今回は、イーサネットケーブルで接続したPCとテスト対象のシングルボードコンピューター間のデータ転送速度を測定した。ネットワーク速度はさまざまな要因の影響を受ける可能性があり、これらの数値は絶対的なものではなく目安だ。


 NanoPi NEO4は2.4GHz帯でRaspberry Pi 3 Model B+と同等の速度だったが、5GHzネットワークを検出できなかった。

ウェブ閲覧:NanoPi NEO4とRaspberry Piの各モデルの比較

 「Octane」ベンチマークでは、PiのデフォルトOSであるRaspbianのChromiumブラウザーがJavaScript(ウェブの標準的なスクリプト言語)を処理する能力を調べる。JavaScriptの処理速度が遅いブラウザーは、すべての動作が遅い。


 NanoPi NEO4はスペックでRaspberry Pi 3 Model B+上回っているにもかかわらず、デフォルトのChromiumブラウザーで実行したときのOctaneベンチマークで、ほぼ同じスコアだった。実際に使用したときは、一部の高負荷サイトの閲覧時に、Raspberry Pi 3 Model B+より遅いと感じた。

データ転送:NanoPi NEO4とRaspberry Piの各モデルの比較

 下のグラフは、PiのmicroSDストレージから本体に接続した16GBのUSBスティックに1.3GBのRaspbianイメージファイルを転送するのに要した時間を示している。


 USB 3.0ポートを搭載しているため、スペック上は高速なはずだが、転送速度はRaspberry Pi 3 Model A+のUSB 2.0と同じだった。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]