セキュリティ

ランサムウェア被害での身代金支払い--中小企業幹部の半数以上が同意

AppRiverが先頃発表した報告書によると、中堅中小企業(SMB)の幹部の半数以上(55%)が、盗まれたデータを取り戻せるのなら、ハッカーに身代金を払うと述べたという。

 AppRiverが先頃発表した報告書によると、中堅中小企業(SMB)の幹部の半数以上(55%)が、盗まれたデータを取り戻せるのなら、ハッカーに身代金を払うと述べたという。より大規模なSMBの幹部に限定すれば、この割合は74%まで拡大する。報告書によると、それらの幹部は、データを取り戻すためなら、あるいは、データが盗まれるのを防ぐためなら、「確実にほぼどんな金額の身代金でも支払う」と回答したという。

 ランサムウェアはサイバー攻撃の最も一般的な形態の1つであり、米国企業はデータを取り戻すために平均5万7088ドルを支払うことを余儀なくされている。特に大きな要因は、特定の標的を狙う攻撃が増加したことだ。とはいえ、報告書によると、SMBの幹部の45%は、サイバー犯罪者からの身代金要求に応じることを拒否すると述べたという。特に、法律サービスと非営利のSMBは、金額に関係なく、身代金の支払いを拒否する意向が最も強かった。

 報告書によると、調査に回答したすべての中堅中小企業幹部の大多数(84%)が、ソーシャルメディアサイトやアプリをサイバー脅威の最大の潜在的発生源とみなしているという。回答者はFacebookが最もサイバー脅威の発生源になりやすいと述べており、77%は職場でFacebookを使用することに大きな懸念を抱いていると話した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約560文字 ログインして続きを読んでください。

「セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]