セキュリティ

ランサムウェア被害での身代金支払い--中小企業幹部の半数以上が同意

AppRiverが先頃発表した報告書によると、中堅中小企業(SMB)の幹部の半数以上(55%)が、盗まれたデータを取り戻せるのなら、ハッカーに身代金を払うと述べたという。

 AppRiverが先頃発表した報告書によると、中堅中小企業(SMB)の幹部の半数以上(55%)が、盗まれたデータを取り戻せるのなら、ハッカーに身代金を払うと述べたという。より大規模なSMBの幹部に限定すれば、この割合は74%まで拡大する。報告書によると、それらの幹部は、データを取り戻すためなら、あるいは、データが盗まれるのを防ぐためなら、「確実にほぼどんな金額の身代金でも支払う」と回答したという。

 ランサムウェアはサイバー攻撃の最も一般的な形態の1つであり、米国企業はデータを取り戻すために平均5万7088ドルを支払うことを余儀なくされている。特に大きな要因は、特定の標的を狙う攻撃が増加したことだ。とはいえ、報告書によると、SMBの幹部の45%は、サイバー犯罪者からの身代金要求に応じることを拒否すると述べたという。特に、法律サービスと非営利のSMBは、金額に関係なく、身代金の支払いを拒否する意向が最も強かった。

 報告書によると、調査に回答したすべての中堅中小企業幹部の大多数(84%)が、ソーシャルメディアサイトやアプリをサイバー脅威の最大の潜在的発生源とみなしているという。回答者はFacebookが最もサイバー脅威の発生源になりやすいと述べており、77%は職場でFacebookを使用することに大きな懸念を抱いていると話した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約560文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【事例】各業界のAI導入事例に学ぶ、陥りがちな「穴」と自社に適したAI活用の進め方
  2. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性
  3. 【事例】AI活用の広告サービスで顧客生涯価値(CLV)向上に成功した小売業者の軌跡を追う
  4. Office365メールも保護! クラウド型多層防御サービスの実力
  5. 成果を生むデータマネジメント戦略とは?成功企業に共通する4つの特性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]