RPA

「ロボットが仕事を奪う」は少数派、8割は「共存に抵抗なし」--Blue Prism調査

新技術が人間の仕事を奪う――。現在だとAIやRPAがその対象となるが、実際にはそうした考えを持つ業務の現場はそれほど多くないようだ。RPAベンダー大手Blue Prismが調べた。

 ロボティックプロセスオートメーション(Robotic Process Automation:RPA)ベンダー大手の英国Blue Prismは4月3日、同社の年次カンファレンス「Blue Prism World 2019 London」にあわせ、“インテリジェントオートメーション”が仕事に与えるインパクトに関する調査結果を公表した。

 それによると、ナレッジワーカーの83%が人工知能(AI)やロボットといった「デジタルワークフォース」と共存することに抵抗がないことが明らかになった。さらに78%は「新たなスキルを習得する準備をしている」と回答したという。Blue Prismでは「この調査結果で『人間の仕事がロボットに奪われる』という一般的な考えと、現場の意識は異なることが明らかになった」としている。

 2018年12月にイギリス、アメリカ、日本、オーストラリア、フランスの約5000人のビジネス意志決定者とナレッジワーカー、技術者を対象にオンラインで調査したもの。回答者はいずれも250人以上の組織で働いており、ほとんどの組織では何らかの自動化ツールやプロセスが導入されているという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2304文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]