クラウドサービス

「Microsoft Azure」で関数アプリを作成するには

「Microsoft Azure」はクラウドベースの製品ラインの「Azure Functions」の下で、多数のサーバーレスコンピューティングサービスを提供している。この記事では、「Azure Portal」を使用して、簡単な関数アプリケーションを作成する方法を紹介する。

 次のボックスでは、2種類のホスティングプラン(「従量課金プラン」と「App Service」プラン)のどちらか1つを選択する(図C)。デフォルトの従量課金プランでは、使用する関数の必要に応じて、リソースを動的に追加したり、スケーリングしたりできる。App Serviceプランでは、ユーザー自身がそのスケーリングプロセスを管理する必要がある。ほとんどの場合、この設定はデフォルトの従量課金プランのままにしておいた方がいい。

図C
図C

 次の設定ボックスでは、リージョン(場所)を指定するよう求められる。一般的に、ユーザーに近ければ近いほどいい。

 次の設定(図D)では、使いたいプログラミング言語を指定するよう求められる。「C#」および「F#」関数用の「.NET」を選択する。

図D
図D

 次の設定では、関数用の新しいストレージアカウントに名前を付けるか、あるいは、既存のストレージアカウントを指定するよう求められる。デフォルト設定に従って、新しいストレージアカウントを作成することをお薦めする。なぜなら、既存のアカウントを使用する場合、関数アプリに固有の要件を満たすために修正が必要になることがあるからだ。

 特別な業務上の必要性がない限り、最後の設定である「Application Insights」はデフォルト値のままにしておくことをお勧めする。

 設定を確認して問題がなければ、「Create」(作成)ボタンをクリックして、展開を開始する。これには数分かかることもある。展開が完了したら、関数アプリでコードやほかの関数を受け取る準備が整っているはずだ(図E)。

図E
図E

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

「クラウドサービス」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]