開発ツール

プログラミング言語「Rust」の新ロードマップ--5つの主な新機能と改良点

プログラミング言語「Rust」の今後予定されている新機能と改良点をとりまとめた2019年のロードマップが公開された。

 プログラミング言語「Rust」は、「C++」のような高性能言語に代わる確かな選択肢として、ゆっくりだが着実に名を上げている。

 Rustの中核チームはこのほど、今後予定している同言語の新機能と改良点をとりまとめた2019年のロードマップを公開した

 Rustの中核チームはある投稿で、「2019年は、Rustプロジェクトにとって活性化と成熟の年になる」と述べ、さらに、ガバナンスの向上、長年要求されてきた機能の作り込み、そして同言語とツールの品質向上を中心に取り組むと付け加えている。

 Rustは、「C」やC++の高い性能を必要としつつ、メモリを手動で管理する煩わしさから解放されたいプログラマーに人気がある。Rustの担当チームはこれまでも、Rustについて、「Ruby、『Haskell』『Scala』とミックスしたようなもの。クロージャーやイテレーターなどの関数的機能のほか、『Haskell』に似たリッチな型システムが備わっている」と表現している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2052文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]