BI Workday

Workday Prism Analytics:外部のデータも取り込めるセルフサービス型BI

SaaS型BIツール「Workday Prism Analytics」は、ワークデイが提供するサービス以外のデータも取り込んで分析できる。外部のさまざまなデータソースも変換して単一のパイプラインにまとめて分析できる。

Workday Prism Analyticsのポイント

  • さまざまなデータソースをドラッグ&ドロップで可視化
  • ポイント&クリックでデータを解析、フィルタリング、組み合わせ、集約
  • データ管理は単一のカタログでデータを包括的に把握

Workday Prism Analyticsの製品解説

 ワークデイの「Workday Prism Analytics」はSaaS型ビジネスインテリジェンス(BI)ツール。「Workday Human Capital Management」「Workday Financial Management」などのワークデイが提供するSaaSのデータと外部のデータを組み合わせて分析できる。

編集部おすすめの関連記事

 セルフサービス型のBIツール。さまざまなデータソースをドラッグ&ドロップで可視化可能。「データディスカバリ」機能でデータへの洞察を作成、共有できる。ディスカバリでは、編集権限と閲覧専用権限を区別してデータへのアクセスを管理できる。可視化したデータはレポートとして公開できる。

 財務分析と人事分析のデータを組み合わせられる。組織内のデータの処理時間を短縮できる。ポイント&クリック機能でデータを解析、フィルタリング、組み合わせ、集約できる。

 外部のさまざまなデータソースも変換して単一のパイプラインにまとめて分析できる。プルダウンメニューで未加工データを選択すると解析されて表形式に変換される。期待した出力が得られるようにデータはプレビュー可能。データをプロファイルすることであらゆる角度から可視化できる。

 データ管理は単一のカタログでデータを包括的に把握できる。アクセス権限も一元管理。データセットは作成や更新の詳細を追跡して、信頼性を確保する。拠点や部門ごとにデータへのアクセス権も設定可能。組織変更が発生した際には自動的にアクセス許可を提供することで面天安す作業は不要としている。

Workday Prism Analyticsのまとめ
用途と機能SaaS型BIツール
特徴さまざまなデータソースをドラッグ&ドロップで可視化。ポイント&クリックでデータを解析、フィルタリング、組み合わせ、集約。データ管理は単一のカタログでデータを包括的に把握

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドの検討・導入時に必ず抑えるべき13の確認事項を集約!まずはチェックシートで確認を
  2. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  3. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  4. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  5. 徹底比較!各社のクラウドセキュリティサービス─見落としがちなポイントも解説

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]