運用管理 資産管理 NTTコミュニケーションズ ServiceNow Japan

NTT Com、ServiceNow活用の運用管理サービス--セルフマネジメント環境を構築

NTT Comは新しい運用管理サービスを提供する。「ServiceNow」を活用して、IT環境の情報を自動的に収集して、運用管理のセルフマネジメント環境を構築できると説明。NTT Com独自のダッシュボードが利用できる。

 NTTコミュニケーションズ(千代田区、NTT Com)は4月24日、統合運用管理サービス「Global Management One ITSM Platform」を発表した。SaaS型のITサービス管理(IT Service Management:ITSM)基盤「ServiceNow」を、従来は実際にエンジニアが監視、運用していたフルアウトソース型運用管理サービス「Global Management One」のラインアップに追加するという。5月7日から提供する。

 導入済みの機器情報などIT環境の検索、収集を自動化できるServiceNowを、NTT Comが持つ長年のノウハウに基づき設定。導入時に発生する設計開発期間や構築コストを削減するという。

 インシデントや構成など、抽出する管理機能情報に加え、NTT Com独自の監視機能情報を収集。運用担当者やマネージャーなど、各利用者向けの独自のダッシュボード画面とあわせて提供するという。構成変更が多発するシステムでもユーザー自身で最新状況を正確に管理可能。運用のセルフマネジメントを志向するユーザー向けのサービスとしている。

新/従来サービスの概要(出典:NTT Com)
新/従来サービスの概要(出典:NTT Com)

 ServiceNowは、PaaSやSaaSとして提供される運用管理サービス。プラットフォーム「Now Platform」上で様々なアプリやサービスをワークフロー化し、ユーザーのデジタルトランスフォーメーションを促進するという。アルファベット順の名前を取り、およそ半年ごとでバージョンアップを実施している。最新バージョンは3月に公開した「Madrid」。

 導入後バージョンアップがあった際の動作確認もNTT Comが実施するため、継続利用における負担の軽減が可能。ユーザーは月額利用料金のみで活用できるとしている。

 利用料金は、管理、監視対象となるサービスや機器数によって変動するため個別見積もり。

「運用管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]