運用管理 資産管理 NTTコミュニケーションズ ServiceNow Japan

NTT Com、ServiceNow活用の運用管理サービス--セルフマネジメント環境を構築

NTT Comは新しい運用管理サービスを提供する。「ServiceNow」を活用して、IT環境の情報を自動的に収集して、運用管理のセルフマネジメント環境を構築できると説明。NTT Com独自のダッシュボードが利用できる。

 NTTコミュニケーションズ(千代田区、NTT Com)は4月24日、統合運用管理サービス「Global Management One ITSM Platform」を発表した。SaaS型のITサービス管理(IT Service Management:ITSM)基盤「ServiceNow」を、従来は実際にエンジニアが監視、運用していたフルアウトソース型運用管理サービス「Global Management One」のラインアップに追加するという。5月7日から提供する。

 導入済みの機器情報などIT環境の検索、収集を自動化できるServiceNowを、NTT Comが持つ長年のノウハウに基づき設定。導入時に発生する設計開発期間や構築コストを削減するという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約505文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  4. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  5. [サーバ、ネットワーク、ストレージ]の3Tier構造に少しでも限界を感じたら

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]