コミュニケーション

カギは理念と労使関係--アリーナ構想を進める千葉ジェッツ“ハッピー”の秘密

倒産寸前から復活、日本一を狙いB.LEAGUEを戦う千葉ジェッツ。“ドライすぎるくらいドライ”に合理的な判断を繰り返し、ついにはアリーナ構想を立ち上げる。

 プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」に千葉県から唯一参加する「千葉ジェッツふなばし(千葉ジェッツ)」。今でこそ毎年優勝争いを繰り広げる人気チームの一つだが、創立当初は「潰れるかどうかの瀬戸際」という時期もあったという。“ビジネスである以上、利益の創出、還元は産業を問わずに必須”と語る代表取締役の島田慎二氏に、前編に続き浮上までの具体的なプロセスを伺う。

理念をとにかく徹底

代表取締役の島田氏
代表取締役の島田氏

 考え方を浸透させるための第一歩の活動として、経営理念を設定したという。千葉ジェッツの場合は、「千葉ジェッツふなばしを取り巻く全ての人たちと共にハッピーになる」というものだ。「会社の最上位概念で、何かあった際に立ち返るべき場所。ビジネスである以上状況に応じてジャッジが必要な場面が発生する。立ち返るべき場所がないと都度違う判断になりかねない」(島田氏)。社長になったその日に、スタッフや選手など全ての社員を集めて説明したという。

 工夫点として、掲げるだけで形骸化するといったことが起きないよう、日常的に“ハッピー”を引用しているという。「例えば、“プライベートの時間は不要か”“たばこを業務中に吸っていいか”などの場合に引用し、“それでみんなハッピーか”で判断する。反発があったとしても、わかってもらえる」(島田氏)

 ビジネスに直接つながるものに限らず、残業をした場合の家族の気持ちなど、全ての際に活用しているという。「情報共有など、ITツールを入れて効率化していることは多く、絶対に必要ではある。しかし、意識ややり方、仕事の優先順位の付け方、整理整頓など“仕組み”があった上でのこと。あくまでITはツールで、メインではなく、サポートするくらいのイメージでいい」(島田氏)

目指すは“取り巻く全て”のハッピーだ(出典:千葉ジェッツふなばし)
目指すは“取り巻く全て”のハッピーだ(出典:千葉ジェッツふなばし)

 立ち返るべき理念、適正なジャッジと同様に重要な点として、労使の信頼関係も挙げている。「食い違った際には説明責任をしっかりと果たす。会社の方針やルールなども決定事項として降りてくるではなく、しっかりと意図までを伝える。いずれにせよ受け入れるとしても、受け入れ方が変わる」(島田氏)。島田氏は、選手同様に経営層もファイターと捉えているという。「ファイターは一歩間違えたときの空回りが起きやすく、労使関係が構築できているかが重要。構築には努力が必要で、一つ一つに愛情を持って対応しなければならない」(島田氏)

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1689文字 ログインして続きを読んでください。

「コミュニケーション」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト
  2. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. 6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは
  5. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]