コミュニケーション

仕事の感覚がない--倒産寸前の千葉ジェッツを変えた島田イズムの危機感

日本のプロバスケリーグ「B.LEAGUE」で優勝を狙う千葉ジェッツ。一時は倒産寸前だったという。

 「千葉ジェッツふなばし(千葉ジェッツ)」をご存じだろうか。2016年に開始となった日本のプロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」に、千葉県を拠点として唯一参加するチームだ。端的に表現すると、「強い」になるだろう。リーグの1年目は、18チームを3つの地区に分類し、トップリーグとして構成する「B1リーグ」で東地区3位という成績を収めた。上位8チームで実施するプレーオフ「チャンピオンシップ」に出場、惜しくも1回戦敗退となったものの、翌年の2017年には東地区で優勝。チャンピオンシップでも準優勝に輝いている。

千葉を拠点に活動する千葉ジェッツ(出典:千葉ジェッツふなばし)
千葉を拠点に活動する千葉ジェッツ(出典:千葉ジェッツふなばし)

 リーグ戦と平行して実施するトーナメント「全日本バスケットボール選手権大会(天皇杯)」では、2016年の第92回大会を皮切りに93回、94回と3連覇を達成。94回大会の天皇杯を勝ち取った今シーズンは、B1リーグ第1号として早々にチャンピオンシップ出場を手中に収めた。そのまま東地区連覇を達成し、天皇杯とリーグチャンピオンの「2冠」を狙う位置につけ、間もなく開催されるチャンピオンシップでの優勝候補に挙げられている。

 強いだけでなく、その人気も特長の一つだ。創設は2010年とB1チームの中で一番歴史は浅いものの、B1リーグ初年度の平均入場者数は4504人、2年目は15.4%増の5196人。3年目となる今シーズンは5204人と、年を重ねるごとに着実に積み上げてきた。リーグ全体の平均入場者数は初年度2100人、2017年は2900人弱でそもそも千葉ジェッツの他に平均4000人台に到達したチームはない。高い人気と強さを兼ね備えたチームと言える。

 今でこそ順風満帆な千葉ジェッツだが、創設当初は苦難の連続だったという。2012年に当時の運営会社のASPE(現千葉ジェッツふなばし、千葉県船橋市)の社長に就任し、現在も代表取締役を務める島田慎二氏は、当時の状態を“弱い”“人気がない”など「潰れるかどうかの瀬戸際」と表現する。日本一を争うような集団へ、どのように変化したのか。ここまでの道のりをきいた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1775文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【事例】各業界のAI導入事例に学ぶ、陥りがちな「穴」と自社に適したAI活用の進め方
  2. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性
  3. 【事例】AI活用の広告サービスで顧客生涯価値(CLV)向上に成功した小売業者の軌跡を追う
  4. Office365メールも保護! クラウド型多層防御サービスの実力
  5. 成果を生むデータマネジメント戦略とは?成功企業に共通する4つの特性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]