クラウドサービス NEC

三井住友銀行の新サービスに見る「既存ビジネスのデジタル変革」

本連載では、筆者が「気になるIT」を取り上げ、その概要とともに気になるポイントを挙げてみたい。今回は、三井住友銀行がNECと共同で提供するビジネスマッチングサービス「Biz-Create」を取り上げる。

 本連載では、筆者が「気になるIT(技術、製品、サービス)」を取り上げ、その概要とともに気になるポイントを挙げてみたい。今回は、三井住友銀行がNECと共同で提供するビジネスマッチングサービス「Biz-Create」である。

「新たなビジネスパートナーを探したい」に対応

 Biz-Createは、三井住友銀行がNECと共同で提供する「企業同士がインターネット上でビジネスパートナーを探すことができるビジネスマッチングサービス」である。今月から試行を開始し、5月から運営展開していく予定だ。

 三井住友銀行はこれまで、顧客企業の「新たなビジネスパートナーを探したい」というニーズに応えるため、それにマッチする同行の取引先企業を紹介するビジネスマッチングを積極的に実施してきた。

 今回の取り組みは、そのノウハウとNECが持つクラウドなどのデジタル技術を組み合わせ、顧客企業の技術や技巧を活用した新たな事業創出の場を提供するとともに、地域の枠を超えた日本全国でのビジネスチャンス拡大に伴う地方創生の実現を目的としている。(図1)

図1:ビジネスマッチングの一例(出典:三井住友銀行/NEC)
図1:ビジネスマッチングの一例(出典:三井住友銀行/NEC)

 サービスの概要としては、顧客企業同士がオンライン上で自由にビジネスニーズの発信や閲覧ができるほか、サイト上でチャット機能を活用したコミュニケーションを行うことが可能。また、地方銀行と連携し、金融機関の垣根を越えたビジネスマッチングを実現。既に多数の金融機関がこのサービスの導入を検討しているという。

 将来的には、NECの人工知能(AI)技術を活用し、ビジネスマッチングのさらなる精度向上やマッチングニーズの喚起など、より利便性の高い機能を提供する予定だ。

「クラウドサービス」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]