クラウドサービス

「Evernote」だから簡単にできる--新しい仕事を覚えるために役立てる

4月は環境が変わる時期。さまざまな異動や転職によって、新たな職務に就く人も。新しい仕事に早く慣れるためには、職場で教わったことを忘れないよう、記録しておくことが大事。ここでは、新たな仕事を覚えるために「Evernote」を役立てるヒントを紹介する。

 4月は環境が変わる時期。チーム異動やチームをまたいでの兼務になったり、もっと大きなものでは部署異動があったり、はたまた初めて就職したり、転職したり。それによって、新しい業務を担当するようになったり、自分にとって新しい仕事、まったく未経験の仕事を始めたりする人もいるだろう。

 慣れない業務に戸惑うことも多い。仕事のスピードが遅くなることもある。でも、だからこそ、新しい仕事のやり方や覚えるべきことについて、このタイミングでまとめておきたい。教えてもらった新たな仕事内容などを情報として言語化、あるいはビジュアル化してまとめるのだから、当然そのぶんの時間はかかる。でも、今が少し大変なだけで、後で必ず仕事は楽になる。

 あくまで「自分用」にまとめるので、社内向けマニュアルや引き継ぎマニュアルなどとは違い、シンプルにまとめてかまわない。新たな仕事を学んだ“新鮮なタイミング”で、情報として落とし込むことが何よりも大事だ。記憶が古くならないうちに、記録として残しておきたい。

 今回は、新しい仕事を覚えるために「Evernote」を役立てるヒントをご紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1235文字 ログインして続きを読んでください。

「クラウドサービス」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]