RPA

単純な機能を部品として再利用、ロボットに任せすぎない--双日流RPA活用術

旧ニチメンと旧日商岩井が合併して誕生した双日はRPAを活用している。「非効率な単純作業を何とかしたい」という思いで勉強会から始めたRPA活用の実態を同社担当者が語った。

 ロボティックプロセスオートメーション(RPA)ベンダー大手であるBlue Prismが2月に開催したイベント「RPA・デジタルワークフォース カンファレンス 2019」では、ユーザー企業が登壇し、自社のRPAに対する取り組みをそれぞれ紹介した。旧ニチメンと旧日商岩井が合併して誕生した双日は、現場の「手弁当」からRPA導入が始まった。現在は海外展開も視野に取り組みを進めるまでに発展しているという。

「非効率な単純作業を何とかしたい」で勉強会から開始

 双日の連結対象会社は国内121社、海外312社。従業員数は単体で2441人、連結では1万8813人(いずれも2018年12月末時点)。同社のビジネスイノベーション推進室でRPAを担当する石井俊樹氏は以下のように語る。

 「RPAを知ったのは2017年。当時、自分は経理を担当していたが、単純業務の多さを痛感していた時だった。外部のコンサルタントにRPAを紹介され、『これはいい』と直感した。さっそく直属の上司に『RPAを入れてほしい』と掛け合ったことを覚えている」

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2323文字 ログインして続きを読んでください。

「RPA」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]