クラウドストレージ

第3回:チームのファイル管理をラクに--「データを探す」小さなムダをなくす

Dropboxは個人よりもチームで活用する方が恩恵を受けられる。具体的な場面を想定して解説する。

 前回は個人で利用するストレージ管理の時間削減を紹介しました。今回は、会社や学校、プロジェクトチームなど複数名で利用するファイルやストレージの管理を紹介します。

チームのストレージ管理

 チームで共同作業を進める際に、ネットワーク接続ストレージ(NAS)やファイルサーバーといったストレージを利用されているケース多いのが現状です。これらのストレージは大容量化、低価格化によって手頃に使えるようになりましたが、一方で、管理の手間がかかります。ストレージ容量が不足した場合は、追加のディスクを準備したり、ハードディスクが故障したりした場合は交換をするなどの作業が必要です。前回紹介したように、Dropboxへファイルを移行、集約していくことによってこのような故障への対応が不要となりますし、故障対応のための予備ディスクを準備しておく必要もなくなります。

 一度Dropboxへ移行すれば、スマートフォンやタブレットなどを活用して外出先からファイルを利用するなど、働く場所と時間の選択肢が増えます。

 具体的な活用シーンとしては、出張先で作業が必要な場合、台風や降雪などの天候不良で交通機関が混乱して外出が難しい場合、子育てや介護などのため自宅からの作業が必要な場合などが想定できます。

 「Dropbox Business」を利用すれば、シングルサインオン(SSO)や共有範囲設定などのセキュリティポリシーをチーム内で統一でき、USBドライブなどでデータを持ち運ぶよりも安全に運用できます。チームフォルダを利用すれば、権限管理は個人ではなくチームのものとなります。入社、異動、退職などライフサイクルへの対応もよりスムーズです。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1440文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]