新興技術

ブロックチェーン利用で食品を追跡--IBM「Food Trust」に米食料品店Albertsons参加

米食料品店のAlbertsons Companiesが、IBMのブロックチェーンベース「Food Trust」ネットワークに参加した。同ネットワークは、農園から店舗の棚に至るまで、食品のトレーサビリティを可能にする。

 IBMは、農園から食料品店までの食品の追跡方法を改善することを目的にブロックチェーンベースの「Food Trust」ネットワークの拡大を続けており、その一環としてAlbertsons Companiesが全米2300店舗で食品安全対策の試験運用を始めたと発表した。

 2017年に発表されたFood Trustには80以上のブランドがすでに参加し、ブロックチェーンベースのトレーサビリティを生産者から供給業者、小売業者、消費者までの食品サプライチェーンに取り入れようとしている。参加企業には、Dole、Kroger、 McCormick and Company、Nestle、Tyson Foods、Unilever、Walmartなども含まれている。

 Food Trustは、ビットコインの基盤となっている分散型台帳技術のブロックチェーンが理想的に応用されたケースといえる。IBMのプレスリリースによると、Food Trustネットワークのメンバーは、分散型で不変的なデジタルデータを共有できるため、サプライチェーンに属していれば、商品をすべて追跡して認証し、プロセスを最適化できるという。Food Trustは、商品が包装された日や、搬送された時点および食料品店に到着した際の温度など、取引にまつわる記録をデジタル化して生成する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約905文字 ログインして続きを読んでください。

「新興技術」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]