IoT

AMD「Ryzen Embedded R1000」--埋め込み市場向けSoC

AMDが埋め込み市場向けシステムオンチップ(SoC)「Ryzen Embedded R1000」シリーズを発表した。

 AMDが埋め込み市場向けシステムオンチップ(SoC)の第2弾を発表した。新たに発表したのは「Ryzen Embedded R1000」シリーズのSoCで、既に提供されている「V1000」シリーズプラットフォームとの互換性があるという。Ryzen Embedded R1000シリーズは14nmの「Zen」および「Vega」コアをベースに構築されたチップで、15~25Wのパワーエンベロープ(TDP)向けとなっている。

 R1000シリーズは2モデルが発表された。いずれも2コア、4スレッド設計で、主な違いはクロック速度にある。「R1505G」がベースクロック2.4GHz/ターボ速度3.3GHzで動作するのに対し、高性能モデルの「R1606G」はベースクロック2.6GHz/ターボ速度3.5GHzで動作する。「Vega GPU」コアのクロックの動作クロックは、R1505Gが1GHz、R1606Gが1.2GHz。ベンチマークの詳細は3DMarkで公開されているが、奇妙なことに作成年月日は2018年10月になっている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約807文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドの検討・導入時に必ず抑えるべき13の確認事項を集約!まずはチェックシートで確認を
  2. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  3. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  4. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  5. 徹底比較!各社のクラウドセキュリティサービス─見落としがちなポイントも解説

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]