IoT

AMD「Ryzen Embedded R1000」--埋め込み市場向けSoC

AMDが埋め込み市場向けシステムオンチップ(SoC)「Ryzen Embedded R1000」シリーズを発表した。

 AMDが埋め込み市場向けシステムオンチップ(SoC)の第2弾を発表した。新たに発表したのは「Ryzen Embedded R1000」シリーズのSoCで、既に提供されている「V1000」シリーズプラットフォームとの互換性があるという。Ryzen Embedded R1000シリーズは14nmの「Zen」および「Vega」コアをベースに構築されたチップで、15~25Wのパワーエンベロープ(TDP)向けとなっている。

 R1000シリーズは2モデルが発表された。いずれも2コア、4スレッド設計で、主な違いはクロック速度にある。「R1505G」がベースクロック2.4GHz/ターボ速度3.3GHzで動作するのに対し、高性能モデルの「R1606G」はベースクロック2.6GHz/ターボ速度3.5GHzで動作する。「Vega GPU」コアのクロックの動作クロックは、R1505Gが1GHz、R1606Gが1.2GHz。ベンチマークの詳細は3DMarkで公開されているが、奇妙なことに作成年月日は2018年10月になっている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約807文字 ログインして続きを読んでください。

「IoT」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]