メールセキュリティ 日本事務器

日本事務器、個人用S/MIME電子証明書を販売--Class1のデジサート製品は日本初

日本事務器は個人用S/MIME電子証明書の取り扱いを開始。対応メールソフトと組み合わせることで「電子署名」や「暗号化メール」などセキュリティを高められる。Class1の取り扱いとしては日本初。

 ITサービスベンダーの日本事務器(NJC、渋谷区)は4月19日、デジサート・ジャパン(旧シマンテック・ウェブサイトセキュリティ、中央区)のメールセキュリティを強化する電子証明書「DigiCert Class1 S/MIME 証明書」の販売開始を発表した。一般個人もしくは企業内個人向けで、「Symantec PKI Class1 for バンドル」の後継サービスという位置づけ。同等の価値を提供するという。同日から発売する。

 電子メールは通常、暗号化されずにいくつものサーバーを経由するため、高度な知識がなくても盗聴が可能。改ざん、なりすましのリスクもある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約504文字 ログインして続きを読んでください。

「メールセキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]