IoT

IoT開発で人気のプログラミング言語やOS--クラウドプラットフォームはAWSがトップ

IoT開発で人気のOSやクラウドプラットフォーム、プログラミング言語がEclipse Foundationの調査で明らかになった。

 モノのインターネット(IoT)デバイスやサービスの爆発的増加を受け、IoT開発の規模も急速に拡大しているという。Eclipse Foundationが米国時間4月17日に発表した調査報告書で明らかになった

 この報告書によると、自動車、教育、ビルオートメーションを含む市場への投資の伸びは、IoT開発者の増加に拍車をかけているという。なお、この調査は、同分野のプロフェッショナル1717人を対象に実施されたもの。「所属組織が現在、IoTソリューションを開発および配備している」、あるいは「今後18カ月以内に実施する予定である」と回答した人は、全体の3分の2に上った。また、「所属組織がIoT開発に取り組む予定はない」と答えたのはわずか9%にとどまったことが分かった。

 OSの人気度でみると、「Windows」「FreeRTOS」が上位を独占したのに対し、エッジ/ゲートウェイOSでは、1位の「Linux」が圧倒的なシェア(76%)を占め、Windowsは2位(52%)だった。IoT開発者が使用しているLinux派生版では、「Debian」とその派生OS(「Raspbian」および「Ubuntu」「Ubuntu Core」)が人気リストの上位を独占し、少なくとも回答者の3人に1人が支持する結果となった。

 また、IoT開発者が使用している人気クラウドプラットフォームのトップ3は、「Amazon Web Services(AWS)」(34%)、「Microsoft Azure」(23%)、「Google Cloud Platform」(20%)の順となった。この順位は前年と同じだが、クラウド市場のシェアが拡大していることを反映していると、同報告書は記している。

 IoT開発の規模が大幅に拡大する一方、いくつかの課題も残されている。IoTに関する懸念事項では、「セキュリティ」(38%)のほか、「接続性」(21%)、「データ収集およびアナリティクス」(19%)が上位を占め、「性能」(18%)、「プライバシー」(18%)、「統合」(18%)と続いた。

人気IoTプログラミング言語

 そのほか、同レポートが発表した、人気IoTプログラミング言語のカテゴリ別ランキングは、次のとおり。

制約あるデバイス

  • 「C」
  • 「C++」
  • 「Java」
  • 「JavaScript」

ゲートウェイおよびエッジノード

  • Java
  • 「Python」
  • C++
  • C

IoTクラウド

  • Java
  • JavaScript
  • Python
  • 「PHP」


提供:iStockphoto/ijeab

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

「IoT」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]