統計解析 日本アイ・ビー・エム

IBM SPSS Modeler:専門知識なしでも試行錯誤しながらできるデータマイニング

データマイニングソフトウェア「IBM SPSS Modeler」は、作業スペース「ストリームキャンパス」に実行する処理をアイコンで配置、アイコン同士をつないで複数の分析の流れを作成してマイニングする。

IBM SPSS Modelerのポイント

  • 処理をアイコンで配置してアイコン同士をつないで複数の分析の流れを作成
  • 処理や設定を変更しやすく、試行錯誤しながら分析プロセスを最適化
  • データマイニングの現場で多用されるアルゴリズムをカバー

IBM SPSS Modelerの製品解説

 日本IBMの「IBM SPSS Modeler」はデータマイニングソフトウェア。グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)であらゆるスキルレベルのユーザーが使いこなせるという。データ加工機能と高度なデータ分析アルゴリズムを搭載し、分析サイクル全体をサポートする。サブスクリプション版は「Watson Studio Desktop」に統合されている。

編集部おすすめの関連記事

 データの入力や加工、分析までが可能。作業スペース「ストリームキャンパス」に実行する処理をアイコンで配置。アイコン同士をつないで複数の分析の流れを作成してマイニングする。

 プログラミングや統計の知識がなくてもデータにあった分析が可能。処理や設定を変更しやすく、試行錯誤しながら分析プロセスを最適化していくことができる。スクリプト処理も可能。スクリプトを利用して夜間にバッチ処理を走らせることもできる。

 ニューラルネットやロジスティック回帰、SVM、ベイジアンネットワーク、アソシエーション、クラスター分析などが利用可能。データマイニングの現場で多用されるほとんどがカバーされていると表現。これらのアルゴリズムでは不足する場合はRのモデルを使用することもできる。

 顧客分析では、顧客の属性情報、ウェブでの行動履歴、店舗やコールセンターへのコンタクト内容など多様なデータから顧客行動を分析。次に取る行動を予測し、企業からの打ち手を自動化してビジネスの生産性を高めることが可能になる。

 需要予測の観点でも、変化する影響因子を情報化して需要を予測。企業からの打ち手を自動化して、ビジネスの生産性を高められる。分析の専門知識がなくても短期間でデータ活用スキルをマスターできるため、データ活用人材の育成にも効果的としている。

IBM SPSS Modelerのまとめ
用途と機能データマイニングソフトウェア
特徴処理をアイコンで配置してアイコン同士をつないで複数の分析の流れを作成。処理や設定を変更しやすく、試行錯誤しながら分析プロセスを最適化。データマイニングの現場で多用されるアルゴリズムをカバー
導入企業マツモトキヨシホールディングス、モブキャストゲームス、IHI物流産業システムなど

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え
  3. “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ
  4. RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋
  5. RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]