ERP

2022年にはERPの9割がクラウド--オンプレミス向けのみが減少

ITRが国内ERP市場を提供形態と運用形態ごとで予測。SaaSとIaaSでのパッケージ運用が拡大し、2022年には市場の9割はクラウドが占めることになる。

 アイ・ティ・アール(ITR)は4月18日、統合基幹業務システム(ERP)の提供形態、運用形態別の市場規模推移と予測を発表した。2022年度にはSaaSとIaaSでのパッケージ運用が市場の9割を占めるという。

 2017年度のERPの売上金額は、前年度比9.3%増の884億円。以降も大企業を中心に基幹システムへの投資は進むという。2018年度は9.4%増、2017~2022年度の年平均成長率(CAGR)も8.4%と、安定した伸びを予測している。

 提供形態別ではSaaSが急速に拡大し、2017年度の売上金額は前年度比38.7%増の190億円になるという。2022年度にはERP市場の半分がSaaSになるとしている。

 運用形態別で見ると、パッケージ全体は2020年度から減少していく。IaaS向けは継続して拡大する一方、オンプレミス向けが減少していくという。2020年度にはパッケージとIaaSが逆転するとしている。

 IaaSのなかではAmazon Web Servicesの比率が高く、Microsoft Azureが続くという。2022年度にはSaaSとIaaS運用のパッケージが9割を占める見込み。

 ITRのプリンシパル・アナリストである浅利浩一氏は、「国内と世界経済が不連続、不透明な様相を強めていくなか、企業はデジタル化への取り組みを強化するとともに、ビジネスの基盤となる基幹システム刷新への投資を継続している。労働人口の減少で中長期的な国内ERP市場規模そのものの拡大は考えにくいが、使い続けるシステムの代表であるERPへの投資は、景気が後退傾向になったとしても堅調な推移を見込む」とコメントしている。

2016~2022年度のERP市場規模推移および予測(出典:ITR)
2016~2022年度のERP市場規模推移および予測(出典:ITR)

「ERP」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]