人事・労務

情報の最適化が必要--従業員のエンゲージメント向上で何を考えるべきか

“仕事への熱意”とも解釈されることがある「従業員のエンゲージメント」が重要視されつつある。日本企業のエンゲージメントは6%で世界最下位クラスという実態も明らかになっている。高めるには何を考えるべきなのか――。

 従業員のエンゲージメントという概念はビジネスの世界で言い古された決まり文句ではなく、その効果が立証されているビジネス戦略となっています。組織とその目標に心から賛同し、取り組む従業員なしでは、企業がその競争力を維持することは不可能です。また従業員のエンゲージメントが存在する企業は生産性と収益性においても優れているのです

エンゲージメントの高い従業員が売り上げと利益を拡大する

 米国の世論調査会社であるGallupは「従業員のエンゲージメント」について、仕事と職場に積極的に関わり、それについて熱意を抱くとともに業務に専念していると定義しています。同社の最新の2017年版レポートには、会社や組織へのエンゲージメントが高い従業員が存在する企業は、エンゲージしていない、あるいは疎外感を抱いている従業員がいる企業よりも売上高が20%、利益は21%高いことが示されています。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1268文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドの検討・導入時に必ず抑えるべき13の確認事項を集約!まずはチェックシートで確認を
  2. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  3. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  4. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  5. 徹底比較!各社のクラウドセキュリティサービス─見落としがちなポイントも解説

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]