PC 周辺機器 シネックスジャパン

第5回:Chrome Enterpriseの方向性と未来--これからはクラウドワーカーの時代

Chrome Enterpriseをテーマとし、シネックスジャパンの浜野氏がお送りする連載第5回。いままでを振り返りながら、Chrome EnterpriseとChromebookが実現する将来を考察する。

 第4回ではビジネスシーンで「Chromebook」と「Chrome Enterprise」を利用する際の課題とヒントを紹介いたしました。今回はChrome Enterpriseの方向性と未来についての展望を解説いたします。

 4回にわたって、「Chromebookはクラウド利用を前提とするシンプルかつ安心な端末」、「ChromebookやChromeブラウザを企業で利用するためクラウド上で管理するChrome Enterprise」、ということをお伝えしてきましたが、これらの共通点は「クラウドの利用に適している」ということです。

「クラウドを前提」

 数年前まではクラウドというと、「セキュリティが心配」「業務系システムでは使いたくない」「そもそもどこにあるか分からないものを信用できない」というイメージを持ち、敬遠されているという話をよく聞きました。

 しかし、今となってはクラウドが企業の成長に必要なITインフラの一部となり、どの基幹システムをクラウドへ移行するかを検討し、クラウド上のコンテナ仮想化環境の利用を考え、人工知能(AI)や機械学習を利用した業務改善を必要とするなど、無くてはならないITサービスとなり、ビジネス革新の中心になったといえるでしょう。

 Googleはこのクラウドサービスが前提という時代の到来を以前から着目し、クラウドサービスの利用が日常になると分かっていたかのようにChromebookを開発。今から8年前の2011年に発売が開始されました。

 Googleが想定したクラウドが前提になる未来は的中し、デジタルトランスフォーメーションに代表されるように以前のビジネス手法から新しいテクノロジーを活用し、変革を起こさなければならない時代になってきました。

 Chromebookは従来の環境として代表されるオンプレミスの業務インフラ基盤としても利用できますが、それよりもデジタルトランスフォーメーションによってもたらされるプラットフォームに最適なPCです。いわばデジタルトランスフォーメーションにおけるプラットフォームの一部といっても過言ではありません。

あなたは“クラウドワーカー”?

 クラウドを前提にすることで私たちの働き方が変わってきたことはみなさんも実感していると思います。では私たちの働き方はどのように変わってきたのでしょうか。

 Googleはクラウドを前提に働く従業員のことを、“クラウドワーカー”という言葉で表現しています。クラウドを利用する従業員は日々クラウドサービスを利用し、場所、時間、利用する端末を気にせず業務を行っています。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2440文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?
  3. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]