RPA シーイーシー

横浜市、RPAで2万時間を削減--ガバナンスや業務分析の重要性などを確認

横浜市はRPAの概念実証を展開。旅費支給や物品購入といった業務に適用すると、それぞれ50%以上の時間を削減できることを確認している。RubyやJavaなどでロボットを開発できる「ROBOWARE」を活用した。

 横浜市役所とシーイーシー(神奈川県座間市)グループのイーセクター(渋谷区)は、複雑な事務業務プロセスにロボティックプロセスオートメーション(RPA)を活用。自動化、効率化の可能性を共同で概念実証(PoC)し、報告書(PDF)としてまとめている。4月15日、イーセクターが概要を発表した。

 対象業務を旅費支給と物品購入に設定し、業務フロー全体の処理時間削減、既存の複数システムと連携した上でのプロセスの中断と再開可否、将来的なRPA活用範囲領域拡大の可能性の3点を検証。記録型RPAではなく、庁内の複数の独自システムを連携できるという点から開発型RPA「ROBOWARE」を採用したという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1592文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ネットワーク管理者を不幸にする真犯人は?SD-WANをマンガで解説
  2. 【事例】各業界のAI導入事例に学ぶ、陥りがちな「穴」と自社に適したAI活用の進め方
  3. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性
  4. 長期保存データの最適解! 自動階層化+クラウドオフロードを簡単に実現するには
  5. 移行が本格化! 今こそ問うべきクラウドセキュリティ「5つの都市伝説」

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]