クラウドサービス

ハイブリッドクラウド入門--クラウドとオンプレミスの長所を活かすITモデル

ハイブリッドクラウドは、クラウドとオンプレミスの両方の強みを取り入れたITモデルだ。技術的な利点と制約、ベンダー各社の製品、導入における検討事項などを解説する。

 企業ワークロードのクラウドへの移行が進んでいるが、法規制、セキュリティ面の懸念、レガシーアプリケーションへの依存、データセットやワークフローの異常といった状況のために、組織全体でパブリッククラウドプロバイダーに移行するのが難しい場合もある。この問題を解決するのがハイブリッドクラウドモデルだ。パブリッククラウドプロバイダーの利点(迅速なリソースプロビジョニングと使用量ベースの課金)を活かしつつ、プライベートクラウドソリューションのスピードと信頼性も維持し、ベンダーによる囲い込みを回避しやすくなる。

 この入門記事では、ハイブリッドクラウドについて分かりやすく解説するとともに、組織での導入における一般的なユースケース、技術的な利点と制約、知っておくべきことを幅広く取り上げる。

概要

  • どんなものなのか:パブリッククラウドプロバイダーのコンピューティング製品やストレージ製品と、プライベートのオンプレミスハードウェアを組み合わせたものだ。
  • なぜ重要なのか:単一障害点がないほか、ワークロードが変動する業界において非常に有効な利用が可能だからだ。
  • 誰が影響を受けるのか:少なくともデータ損失を防ぐ必要のある業界はすべてハイブリッドクラウドソリューションを活用できる可能性がある。
  • どのようなベンダーが提供しているのか:ベンダー各社は、ハイブリッドクラウド展開の管理に伴う複雑な作業への対応を改善しており、移行と導入を支援するソリューションやツールを以前より多く提供している。
  • どうやって構築するのか:自社用のハイブリッドクラウドを構築するには、事前の検討と計画が欠かせない。ベンダーと協力して、ニーズに合ったソリューションを見極めるのが望ましい。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3484文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ネットワーク管理者を不幸にする真犯人は?SD-WANをマンガで解説
  2. 【事例】各業界のAI導入事例に学ぶ、陥りがちな「穴」と自社に適したAI活用の進め方
  3. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性
  4. 長期保存データの最適解! 自動階層化+クラウドオフロードを簡単に実現するには
  5. 移行が本格化! 今こそ問うべきクラウドセキュリティ「5つの都市伝説」

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]