AI・機械学習 ロボット NEC シャープ ソースネクスト 東芝 東芝ソリューション

POCKETALKやRoBoHoNなど--多言語対応がもたらすインバウンド需要の取り込み方

テクノロジーの進展で日本語以外の言葉もITで対応できるようになりつつある。京成電鉄は英中韓に対応する仕組みを取り入れているなど、多言語に対応するITツールをまとめた。

 英語をはじめとした日本語以外の言語を使いこなしたい――。思っていても言語取得の壁はなかなかに高く、実現できていない人は多いのではないだろうか。しかし、そういった機会はしばしば訪れる。一頃に比べて落ち着いたとは言え、訪日観光客(インバウンド)の需要は依然として増加傾向にある。

 ここでは、ITを活用して多言語対応できるサービスをまとめた。クラウドや人工知能の活用などで翻訳精度が向上、リアルタイムに恩恵が受けられるようになってきた。そろそろ選択肢として検討してもいいかもしれない。

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 繁栄企業と何とか生き残っている企業の差とは? DX時代に必要なストレージインフラ
  2. テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?
  3. 多様化するリーガルテック市場の日米動向と現在の企業が抱える契約課題における解決策とは
  4. クラウド導入メリットを妨げる“煩雑なデータ管理”を解消するベストプラクティスとは?
  5. 【事例】コラボレーションデバイス「Microsoft Surface Hub」で、会議や働き方を変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]