周辺機器 シャープ

電子黒板「BIG PAD」スタンダードモデルに4K搭載--PCレスでも活用可能

シャープは電子黒板「BIG PAD」の新版を発表した。4Kスタンダードモデルを国内メーカーに先駆けて販売。パネルの性能を改善するとともにタッチペンも改良。画面を斜めに表示できるようにもなっている。

 シャープは4月15日、電子黒板「BIG PAD」の新版を発表した。65型ディスプレイの「PN-L651H」、75型の「PN-L751H」、85型の「PN-L851H」の3機種で、いずれもスタンダードモデルに高精細4K液晶パネルを搭載する。従来モデルと比べてより多くの情報が表示できるという。5月上旬から順次発売する。

(左から)PN-L751H、PN-L851H、PN-L651H(出典:シャープ)
(左から)PN-L751H、PN-L851H、PN-L651H(出典:シャープ)

 質感や素材感を詳細に表現し、ExcelのグラフやPowerPointの場合は細かい部分までくっきり表示。従来のフルHD(2K)モデルと比較すると、縦横それぞれ2倍、面積としては4倍の解像度が表現できるという。CAD図面や設計の打ち合わせなど、専門性が高い分野でも活用できるとしている。

村松氏
村松氏

 シャープのビジネスソリューション事業本部 ビジュアルソリューション事業部 商品企画部で部長を務める村松佳浩氏は、「電子黒板は使う人との距離が近いため、より高精細、多くの情報が確認できる4Kモデルの評価が高い」と、既存モデル「PN-L805H」「PN-L705H」などの4Kハイエンドモデルで寄せられる声などを説明。4Kが必要とされる市場の大きさを分析する。

 新機種には4K搭載のほか、3つの特長があるという。1点目はタッチパネル、タッチペンなどの機能改善。通常、人はディスプレイに触れたときをタッチと認識するが、機器側は画面を囲むベゼル部分から出る赤外線の遮断を検知するため、ギャップが発生してしまうという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1419文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]