統計解析 日本アイ・ビー・エム

IBM SPSS Statistics:PythonやRと連携して機能を拡張できる統計解析ソフト

統計解析ソフトウェア「IBM SPSS Statistics」は、全変数のデータ定義をまとめて確認、設定できるため、作業効率を向上できるという。RやPythonと連携して機能を拡張できる。

IBM SPSS Statisticsのポイント

  • Excelやテキスト、リレーショナルデータベースなど複数の形式に対応
  • 高度な多変量解析手法を多数搭載
  • RやPythonとの連携による機能拡張も可能

IBM SPSS Statisticsの製品解説

 日本IBMの「IBM SPSS Statistics」は統計解析ソフトウェア。全世界で利用されているという。多くの学術論文を支えてきており、研究や調査、医療、ビジネスなど幅広い分野で活用されているとしている。

編集部おすすめの関連記事

 直感的で分かりやすい画面設計を採用しており、初心者でも簡単に操作することが可能。全変数のデータ定義をまとめて確認、設定できるため、作業効率を向上できるという。Excelやテキスト形式、リレーショナルデータベースなど複数のデータ形式を読み込める。

 データの集計や加工では、度数分布表や記述統計量、クロス集計表、比率統計などを用意。分析機能はさまざまなものが利用可能。データ分解では因子分析や主成分分析、平均比較では一元配置分散分析や分散分析モデルが用意されている。

 相関分析では、偏相関や距離、線形回帰、曲線推定、多重回答などが利用できる。分類では、階層クラスター分析、尺度法、線形混合モデル、一般線型モデル、順序回帰モデルなどさまざまなものを利用できる。RやPythonと連携して機能を拡張できる。

 容易に共有、展開できるという。作業履歴を自動記録、編集できるため、分析プロセスの確認や分析結果の比較に便利と説明。レポートとしてエクスポートも可能なため、分析結果や分析過程を簡単に共有できるとしている。

 基本となる「Statistics Base」を中心に分析機能のオプション追加で目的や用途に応じた構成に仕上げることも可能。製品操作だけでなく統計解析の専門的な知識が得られるトレーニング提供、数多く出版されている関連書籍なども魅力のひとつだ。

IBM SPSS Statisticsのまとめ
用途と機能統計解析ソフトウェア
特徴Excelやテキスト、リレーショナルデータベースなど複数の形式に対応。高度な多変量解析手法を多数搭載。RやPythonとの連携による機能拡張も可能
税別料金Base Subscription:1ユーザーあたり月額1万3800円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え
  3. “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ
  4. RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋
  5. RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]