開発ツール

「Visual Studio 2019」--開発者の生産性向上を目的とした新機能

マイクロソフトは米国時間4月2日、「Visual Studio 2019」の一般提供を開始した。GitHubとの統合やリアルタイムのコラボレーション機能など、同リリースでの新機能を紹介する。

 「Visual Studio 2019」の一般提供が米国時間4月2日に開始された。このリリースには、開発者の生産性向上を目的とした新機能が多数含まれている。

 Microsoftは今回のリリースで、リアルタイムのコラボレーション機能やGitHub統合をVisual Studioに直接組み込んだほか、コードのリファクタリングとデバッグも簡素化し、機械学習によってインテリジェントなコード提案と検索を改善した。

 Visual Studioは「Stack Overflow Developer Survey 2018」で、プログラマーがソフトウェア開発に使用する統合開発環境(IDE)の人気ランキングの2位に選出されている。

 Visual Studio 2019のこうした新機能は、さまざまなプログラミング言語やプラットフォームで使用できるように設計されており、これにはクロスプラットフォームの「C++」アプリケーションから、「Xamarin」で記述された「Android」および「iOS」向け「.NET」モバイルアプリ、さらには「Microsoft Azure」サービスを使用するクラウドネイティブアプリケーションまである。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約6394文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット
  2. CX向上のヒント:お客様一人ひとりに向き合い、感情に寄り添った顧客体験とはなにか
  3. 侵害の57%は「悪意のあるファイルではない手段」で起こる - IBM X-Forceレポート日本語版
  4. Office 365などのクラウドサービスによる、ネットワーク帯域の逼迫を解決!
  5. 自然災害、サイバー攻撃、その危機は突然やってくる--イザというときの事業継続対策

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]