ノンプログラミング開発ツール 開発ツール 開発支援 オープンストリーム キヤノンITソリューションズ

土木工事現場のチェック業務をシステム化、80時間を削減--3カ月で構築

トンネル施工を事業とする佐藤工業は、土木工事のコンクリート品質管理業務をシステム化。国交省がが定めるガイドラインへの入力を現場でできるようにしたことで工事あたり80時間を削減できるようになった。

 国内トップクラスのトンネル施工実績を持ち、「トンネルの佐藤」と呼ばれているという佐藤工業(中央区)は、施工品質チェックシステム「健コンカルテ」をシステム開発ベンダーのエヌデーデー(中野区)と共同開発。開発プラットフォームに「Web Performer」、「Biz/Browser SmartDevice(SD)」、「Wiz/CONNECT」を採用し、従来のスクラッチ開発での想定に比べて半分以下の期間で開発したという。4月9日、Biz/Browser SDを提供するオープンストリーム(新宿区)が発表した。

 健コンカルテは、物件の寿命や美観を決めるという土木工事の根幹の一つ、コンクリートの品質を管理するシステム。国土交通省のコンクリート施工品質の手引き書「施工状況把握チェックシート」と「表層目視評価シート」を紙に印刷、現場で記入、事務所に戻って表計算ソフトへ入力、という一連の流れをシステム化したという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1329文字 ログインして続きを読んでください。

「ノンプログラミング開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]