OS ミドルウェア 日本マイクロソフト

新元号対応、経産省「不完全な状態でのリリースは回避すべき」

新元号「令和」への対応では、システム連携が煩雑化し、多様なファイル形式やデータ形式を取り扱うため、異なる混乱を招く可能性が高いという。

 日本マイクロソフトと経済産業省は4月5日、「改元を目前に今すぐ実施するべき準備、対応とは」と題した顧客向けセミナーを都内で開催した。4月1日に発表された新元号「令和」に対応するための具体的施策として、Microsoft製品の対応スケジュールや状況をつまびらかにし、ユーザーサイドで実施すべきポイントが語られた。

 経産省 商務情報政策局の説明によれば、前回(平成)の改元によるシステムへの影響は、各企業の情報システム部門の統制下にあり、基幹システムに代表されるオンプレミスサーバーが多かったため、大きな混乱を招くこととなった。だが、今回(令和)はシステム連携が煩雑化し、多様なファイル形式やデータ形式を取り扱うため、異なる混乱を招く可能性が高いという。

 同省が1月下旬~2月中旬に業界団体へのアンケート(有効回答数2797件)によれば、約60%が和暦使用部分の調査や確認を完了しており、約20%弱が調査、確認中と回答。だが、テストの作業計画に関する立案や実施スケジュールまで確定しているのは約半数にとどまる。同省関係者は「改修の用意は行ってもテスト実施は未計画。インパクトのある結果。計画的に進めてほしいのが政府の考え」だとコメントした。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2670文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]